子供を犯罪に巻き込まれないようにするためには、大人が安全な環境を整えるのはもちろんのこと、防犯意識を子供自身にしっかりと持たせることが大切です。
そこで家庭や学校での防犯教育が重要になってくるのです。
最近では小中学校や幼稚園までビデオやDVD、パソコンソフトなどによる防犯教育が実施されています。
中には実際に危険が起こった場面を想定して実践的なシミュレーション訓練が行われている学校もあるほどです。
今や地域や教育機関において防犯教育は最も重要視されている課題なのです。

スポンサードリンク

子供の防犯教育

家庭においては幼児期から「知らない人にはついていかないこと」をしっかり言い聞かせておくことが防犯教育の基礎を作ります。
幼児期はつねに親と一緒に行動していますが、買い物や人の多い外出先で子どもに少し目を離したすきに危険が迫る可能性も考えておかなければならないのです。

また小学生ともなると子供だけで外出する機会がぐっと増え、行動範囲も広がります。
防犯グッズを親や学校から持たされる子供が増えているようですが、防犯グッズをおもちゃ代わりにしないよう、またいざというときのために正しい使い方をしっかり教えておくことが必要です。

そして日頃から集団登下校や近所の子供と一緒に行動するようにし、万が一の緊急の場合には子供110番の家や大人のいる場所へ逃げ、助けを求めることも教えておかなければなりません。

日本は諸外国に比べてまだまだ防犯意識が少ない国だといわれます。
日常から子供たちを犯罪から守るためには、大人とともに子供も防犯を実践し、子供の「自分の身は自分で守る」という防犯意識を高めることが最も大切なことと思われます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

子供の防犯対策とグッズ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bouhan.df93.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。